家づくりでできる寒さ対策|鳥取県の注文住宅

スタッフブログ

こんにちは、Mogaハウスです。

肌寒い日が増え、本格的な冬もすぐ目の前ですね。今回は、家づくりでできる3つの寒さ対策をご紹介したいと思います(^^)

1.玄関前に設ける「風除室」
人の出入りに使う玄関は、家の中で最も多く外気が流入する場所。そんな玄関に設ける小さな部屋のことを「風除室」といいます。

風の吹きつけや外気の流入を緩和して、LDKへ冷たい風が行かないようにすることで、熱損失を防ぐ効果があります!

2.冬も換気しやすい「澄家Eco(すみかエコ)」
新型コロナやインフルエンザへの感染を防ぐためには、換気が大切だと言われています。ですが、頻繁に窓を開けて換気をすると、せっかく暖房で暖めたお部屋が冷えてしまいます。

Mogaハウスが採用している換気システム「澄家Eco」なら、フィルターを通したきれいな外気を24時間取りこめます!さらに、「前熱交換器」と地中熱によって外気の温度と湿度を調整してから取り込むので、少ないエアコン台数でも家中を暖かく保てますよ♪

3.断熱性の高い「オール樹脂サッシ」
鳥取県は、住まいの断熱に力を入れている県です。一般的な「樹脂アルミ複合サッシ」ではなく、断熱性の高い「オール樹脂サッシ」を採用するケースが多いです。

また、冷気が伝わりやすい大きな掃き出し窓を作るなら、そこだけでもガラスを3枚使った「トリプルサッシ」にすると、さらに断熱性が高くなりますよ(^^)

Mogaハウスでも、窓の大きさやご希望を踏まえて、オール樹脂サッシやトリプルサッシをご提案しています。

私たちは、豊富な施工実績をもとに、地域の気候に合わせた家づくりをしています。気になった方は、お気軽にご相談ください♪