Mogaハウスたかしたぐみは、ZEHの取り組みをはじめました。

高下邸_外観

高下邸_外観

Mogaハウスたかしたぐみは、ZEHを取り入れることで、お客様に太陽光発電による自己生産や使用設備、気密性、断熱性などで、光熱費削減で家計にも、快適な家で人にも優しい家づくりや、災害時に対応できる安心感、一次エネルギー使用削減で自然にも優しい家づくりをお届けします。

きっと、住み始めたら、家は家でもこんなに違うんだ!と実感して頂けます。

ZEHとは?

 Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、断熱性能の優れたエネルギー消費の少ない住宅に<高断熱住宅>、省エネルギー性能の高い設備(エアコン、給湯器、照明設備など)<高効率設備>を導入し、太陽光発電などの<創エネルギー設備>を導入することにより、正味(ネット)で一次エネルギー消費量が0(ゼロ)になる住宅のことです。

また、2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)現実を目指す」とする政策目標が制定されました。

ZEHイメージ

 ZEH図HP

2020年までの弊社のZEH普及率の目標(12月に集計し1月に結果を出します)

2016年度(平成28年度) 5%  → 結果 0%

2017年度(平成29年度) 10%

2018年度(平成30年度) 10%

2019年度(平成31年度) 20%

2020年度(平成32年度) 50%

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策

弊社のZEHへの取り組みを、ホームページ、ブログ、チラシ等に掲載します。また、打合せ段階のお客様や、新築完成見学会において、ご来場頂くお客様に対し、ZEHの省エネ性、快適性、従来の住宅との違いや、メリットをわかりやすく説明し、周知、普及に努めます。

 ZEHのコストダウンに向けた具体策

過剰な性能にならないように物件個々に性能値を分析し、都度最適な仕様にすることでコストダウンを図ります。仕様・設備の規格化を図り、発注メーカーを限定し仕入れのコストの削減を目指します。

 その他の取り組みなど

自然素材を多く取り入れ、住む人への快適さをより充実させて、健康にも、精神的にも、家計にも、環境にも優しい家づくりに取り組みます。

※詳細はMogaスタッフ 塚田にお問合せ下さい

PAGETOP