Column - コラム一覧

2015年10月

今年は例年と違い、残暑、残暑!と苦しむ事なく、8月後半からもう涼しさを感じるようになり、9月に入ってからは一層秋らしくなりましたネ。

日本各地では、大雨による甚大な被害が出ました。自然災害からは本当に守られているこの山陰ですが、何か私達にもできないかしら…と胸が痛みます。

東日本大震災があってから、Mogaパン教室では、毎年行っている生徒さん対象のパン感謝祭で、パン販売、飲食等の売り上げを被災地の義援金に充てさせて頂いています。

昨年は、広島市の土砂災害もあり、義援金の送付先が毎年のように増えていっています。自ら被災地へ行ってボランティア等に参加できない身としては、わずかな支援でも、やり続けることが大切だろうと思います。

何事もいつ何時我が身に何が起きるか分かりません。自分自身だけでなく、身内までとなると、いつかは…という思いも出て来ますよネ。自然災害に対する被災だけではなく、少しでも健者である以上、何かしら世の中の為にお返し出来る我が身でありたいと常に考えています。

最近見たTV番組で、ある人が言った「気付いた者の責務です。」という重い言葉を聞き、責務としてとらえられる人は素晴らしいと思いました。皆一人一人それぞれに生きている責務があると思います。それを真に持つか持たないかという事で、生き方が変わって来ますネ。

この秋は、深くその事を考える秋のようです。

2015年8月

以前から、私は経営者として色々なセミナーを受けていて、それなりに良い話は沢山聞いてきました。

でも、沢山知識として良い話を聞いたところで実行しなければ何も変わりません。反対に自分だけが知識太りして「知ってる!知ってる!」と知ったかぶりになるだけです。知識を実行して知恵を出し合って自分達のものにするには何年もかかります。

私がかねてから思い描いていたMogaハウスの構想、その構想を現実のものにして行く為には、周りの状況を良く見ながら時代背景や私が今まで培ってきたものをトータルに考えてみた時、私達は何を提供し、何が求められているのだろうか、私達Mogaハウスの存在理由は何なのだろうかと色々考えてみます。

Mogaハウス、いえ、Mogaというワードを一番に考えた時、モガの由来!これはよく聞かれるのですが、8年前に第一歩が始まり、その時は建築の色合いより雑貨屋さんの色合いが強く、何をテーマにしようかとメンバーと話し合いました。大正ロマンのモダンボーイ・モダンガールの、モボ・モガの、女性スタッフだけだからモガにしよう‼と決めました。ただ古いだけじゃなく、オシャレでセンスある館にしよう。そのモガが今では会社としてのサブネームになりました。Mogaをブランディングしようと、以前から考えていましたが、いよいよそれを実行に移す時が来ました。

皆で考えたサブタイトル「上質のあたたかな暮らしが叶う家」この事を全てにエッセンスとして加えた家づくりをやっていきたいと思っています。

家づくりは単に箱を作るという事ではなく、そこに暮らす家族がどう関わってそれぞれの幸せを積み重ねて行くか、幸せが宿って行く家に私たちがどうお手伝いして行けるのかという事でもあります。これから益々皆様と関われるMogaでありたいと思っています。

形となるまでにはまだ数年かかりますが、その第一歩が始まっていることに改めて、周りの状況を見た時に気づきます。それが使命というものなのだという事も、自然と教えられます。

2015年6月

この5月に長女が結婚しました。私達高下家親族にとって祖父母からすると初めての孫の結婚式という事になりました。両親は87歳という高齢ですが、2人とも施設等にお世話になる事なく元気です。ですが、足腰が弱くなっているので、遠出するのを嫌がります。

長女の結婚式が東京ディズニーランドアンバサダーホテルに決まり、2人をとにかく連れて行く計画が始まりました。初めての2人とも車イスの移動、今まで他の方達が車イスで旅行されるのは見ていましたが、私達にとっては、そのような外出は初めてだったので、皆不安を抱えての出発でした。事前に申し込んでいたANAやディズニーホテルでの移動は、想像以上に楽で、それぞれ介助して下さり、迎えの車もリフトアップ出来るものですし、全て車イスに乗ったまま移動出来ます。

ホテル内から、ディズニーランドへの移動も一台の車イスで乗り換える事なく、全て使えます。ディズニーランドの中では車イス優先席があるので、長い時間並ぶ事なく、家族とも前列で鑑賞します。

今は本当に施設の整った所は障害のある方達に優しく、思いやりのある待遇になっている事に改めて気づきました。出掛けてみるものですネ。

娘にとっては夢が叶ったディズニー挙式でしたが、私達Mogaハウスは全て一つ一つ夢を叶えてもらいながら進んできました。ディズニーランドが掲げる、夢と希望と平和の精神を感じればこそ、それを信じる人達には「星に願いを」の通り叶っていくものだと再確認しましたよ。